運勢を占おう

2019年をより良い年にするために、九星気学であなたの今年の運勢を占ってもらいましょう。ですがそもそも、占いってなんでしょうか?未来を知るという意味では予言と似ていますよね。まずは意味が似ているこの二つの違いを確認してみましょう。

占いと予言の違い

占い

占いは、人の性格や相性、未来の出来事などを判断する方法の一つです。生年月日や血液型、星座などをもとに占い、未来や運命を知ることができるとされています。

予言

予言は、未来に起こる出来事を具体的にはっきり言うことです。これから起こる出来事の日時なども詳しく明言する場合がほとんどです。宗教でよく使われている「預言」とも違います。自然災害や国の状況など、占いよりも比較的未来を知る対象が大きい場合が多いようです。

水晶

占いをしよう

占いには、色々な方法があります。占いの中でも、特に有名なのが九星気学です。九星気学は、人の生まれ年をもとに九星に分類したもの。そしてそれをもとに、一年の運勢を占うことができます。また、朝のテレビ番組でも定番の星座占いも有名ですよね。星座占いは、その名の通り12に分けられた星座の運勢を占います。1日の運勢を占うものもあれば、1カ月や一年などのトータルで運勢を見ることも多いようです。他にも、姓名判断やタロット占いなど色々な方法があります。占いは身近なものになりつつあり、私たちの生活をより良くするための方法を知る手段でもあります。

未来がわかると

占いでは、あなた自身の運勢や人との相性を知ることができます。しかし、占いで未来を知ることにより何か変わるのでしょうか?もしも占いで2019年の運勢があまり良くないとの結果が出た場合、それを知った時点で災難の対策をすることができます。お守りを買ったり厄払いをすることも効果的ですが、何よりもあなたが災難を回避しようとする意識が大切なのです。意識だけでなく、自ら行動することで未来にも必ず変化が起きます。

九星気学占いをするには?

九星気学って、あまり慣れていないとなんだか難しい印象がありますよね。そんなあなたにぜひおすすめなのが、インターネットの占いサイトです。占いサイトって胡散臭い!と感じる人も多いと思いますが、最近の占いサイトのほとんどはしっかりした運営が管理しているため、的中率やサービスも評判が高いんです。しかも、全体運だけでなく気になる恋愛運や金運も占うことが可能となっています。2019年をより良い年にするために、ぜひ一度九星気学で占いをしてみませんか?

広告募集中